例年に比べて激減した元日の参拝者(1日午後2時16分、京都市左京区・平安神宮)

例年に比べて激減した元日の参拝者(1日午後2時16分、京都市左京区・平安神宮)

参拝者で境内が埋まった2017年の元日(午後1時38分)

参拝者で境内が埋まった2017年の元日(午後1時38分)

 新型コロナウイルスの感染拡大で初詣も様変わりした。参拝者は例年よりも少なく、神社が準備した対策に沿って静かに「コロナの収束」を祈った。

 元日午後、京都市左京区の平安神宮では、昨年までとは打って変わって、参拝者の行列は細く短かかった。同神宮によると、2日午後の人出は1日よりもやや増えたが例年と比べると減少したという。境内のライブ映像を動画投稿サイト「YouTube」で配信し、分散参拝を呼びかけている。訪れた人を誘導するロープを張ったり拝殿の床に印を付けたりなどの対策も取った。参拝者は「家族の健康を祈った」「みんなが早く安心して外出できるようお願いした」と話した。