コンテストで募集するユニークな顔出しパネルの一例(京都市北区・区役所)

コンテストで募集するユニークな顔出しパネルの一例(京都市北区・区役所)

 京都市北区役所が、子育て中や妊娠中の家族が楽しく変身できる「顔出しパネル」の手作りコンテストを実施している。制作に必要なパネル用紙も無料配布しており、「おうち時間を、家族で笑えるパネル作りで楽しんで」と呼び掛けている。

 コンテストは、オンラインイベント「ニコニコ北っ子つながるフェスタ」(1月4日~31日)の一環。京都で活動するアートユニット「tupera tupera(ツペラツペラ)」が考案した顔出しパネル「パパパネル」をヒントに企画した。

 パネルは、台紙に顔を出すための穴を開け、表に自分の名前とイラストを描き、裏面には名前の頭文字から始まる動物や草花などの“変身図柄”を描く。例えば「さやか」さんなら裏側は「さる」といったように「生き物やモノなど、ユーモアがあればモチーフは何でもOK」(同区子どもはぐくみ室)という。

 参加者は、パネルから顔を出した写真か、パネル姿での歌、寸劇など30秒以内の動画を、「つながるフェスタ」ホームページ(HP)の専用フォームから投稿する。台紙は区内の児童館などで配布するほか、HPでも型紙や作り方を公開している。締め切り1月15日。

 同フェスタでは、他にリズム体操や親子ヨガのオンライン講座を行うほか、京都フィルハーモニー室内合奏団の演奏がある。おもちゃ作りや手遊びなど、乳幼児と家でできる遊びの動画も約50本公開する。コンテストやフェスタの詳細は、子どもはぐくみ室075(432)1454(29日~1月3日は閉庁)。