味自慢のキッチンカーが並んでにぎわった初売りフェア(亀岡市余部町・豆屋黒兵衛)

味自慢のキッチンカーが並んでにぎわった初売りフェア(亀岡市余部町・豆屋黒兵衛)

 キッチンカー7台が集まった初売りフェアが3日、京都府亀岡市余部町の豆屋黒兵衛駐車場で行われた。カレーや肉料理など、こだわりの味の店が並び、家族連れらでにぎわった。

 フェアは、新型コロナウイルス禍が続く中で明るい気分になればと、焼きたてデニッシュパンの移動販売車「ネコのしっぽ」が呼び掛けた。普段は亀岡市や京都市でそれぞれ営業しているたこ焼きやクレープ、ラーメンなどを売る個性的なキッチンカーが参加した。

 各店の前には行列ができ、客と店主が親しげに会話を交わす場面も見られた。亀岡市でレジ袋提供禁止条例が1日に施行されたことを受け、各店は紙袋を用意し、客はマイバッグに商品を入れてもらう人が多かった。

 家族4人で訪れ、サンドイッチなどを買い求めた市内の男性(43)は「こういうイベントがあればまた来たい」と話していた。