水揚げされたばかりの天然ブリが並んだ初競り(京都府舞鶴市下安久・舞鶴地方卸売市場)

水揚げされたばかりの天然ブリが並んだ初競り(京都府舞鶴市下安久・舞鶴地方卸売市場)

 京都府漁業協同組合の舞鶴地方卸売市場(舞鶴市)で5日、初競りがあった。新型コロナウイルスの感染拡大で水産物の需要低迷が懸念されているが、天然のブリやサワラなど旬の魚がずらりと並び、新年から活気に包まれた。

 市場には、定置網などで取れた約1メートルのブリやサワラのほか、スズキやヒラメなどのさまざまな魚介類が次々と運び込まれた。競り人の威勢のいい掛け声とともに買い受け人が競り落とした。ブリの出荷量は昨年に比べて1・4トン増の5トン。

 西川順之輔組合長は「昨年はコロナ禍一色で消費動向が鈍い一年だった。政府の緊急事態宣言が出される方針もあり、今年も苦しい状況が続くが、元気に市場運営を続けたい。京都の誇れる水産物を消費者に届けていく」と抱負を語った。

 この日は、京丹後市や宮津市にある同漁協の市場や、農産物を扱う舞鶴市や福知山市の市場でも初競りが行われた。