新築した京都鳩居堂本店(京都市中京区)

新築した京都鳩居堂本店(京都市中京区)

 和文具販売の京都鳩居堂(京都市中京区)は、寺町通姉小路上ルの本店を建て替えてこのほどリニューアルオープンした。店舗面積を旧店舗から約1・2倍拡大し、ゆっくりと買い物を楽しめるようにしている。

 同社は、「平家物語」で有名な熊谷直実の子孫が1663年に創業したとされ、以来現在の場所に店を構えている。旧店舗は1914年の建築で老朽化が進んでいたため、建て替えを決定。昨年11月下旬に、106年ぶりに新しい店舗が完成した。

 店舗面積は172平方メートル。天井が高く、柱のない空間に香、筆、和紙など数千点の商品が並ぶ。25平方メートルの香室や庭を設けた。以前の大黒柱を香室の床の間にするなど、歴史ある旧店舗の部材を再利用した。

 営業時間は午前10時~午後6時。