京都地方気象台

京都地方気象台

 京都・彦根の両地方気象台は6日、大雪などに関する気象情報を発表し、9日にかけて警戒を呼びかけた。7日以降は北部の日本海側で雪と風が強まるほか、8日朝は京都市の予想最低気温が氷点下3度となっており、低温にも警戒が必要になるという。

 7日午後6時までの24時間に予想される雪の量は、京都北部15~10センチ、京都南部の山地3センチ、滋賀北部20~10センチ、滋賀南部の山地5センチ。さらに8日にかけては雪の量が増える見通しで、滋賀北部では警報級の大雪の恐れがあり、京都南部の平地でも積雪の可能性がある。

 今回の寒波は西寄りの風が強く、雪の量が増えるのは丹後半島などの日本海沿岸や滋賀北部になるとみられる。京都市など京都南部は、北風によって雪雲が流れこむ場合に雪の量が増えるため、週末にかけて雪が降る可能性はあるが、大雪の可能性は低いという。

 また、8日朝は最低気温が平年を大きく下回り、予想最低気温は京都市と大津市で氷点下3度、京都府舞鶴市で氷点下5度となっている。京都市水道局は、7日以降、広報車を巡回させ、水道管の破裂に警戒を呼びかける可能性があるという。