京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台は7日朝、京都府の舞鶴市、宮津市、京丹後市、伊根町に暴風雪と波浪の警報を発表した。7日昼前から夜にかけて見通しのきかなくなるような猛吹雪に、8日明け方にかけて6メートルの高波に警戒を呼びかけている。

 京都府では、10日にかけてこの冬一番の寒気が流れ込み、北部を中心に冬の嵐になる。7日に予想される最大瞬間風速は、北部で35メートル、南部で25メートルとなっており、台風並みの風に加えて雪となり、見通しがきかない状態になる恐れがある。

 また、8日午前6時までの24時間に、多いところで北部40センチ、南丹・京丹波と京都・亀岡の山地8センチ、京都・亀岡の平地1センチの雪を予想している。10日にかけて、北部では警報級の大雪になる可能性があるという。