関西広域連合として緊急事態宣言に対する方針を決めたコロナ対策本部会議(5日、神戸市・兵庫県災害対策センター)

関西広域連合として緊急事態宣言に対する方針を決めたコロナ対策本部会議(5日、神戸市・兵庫県災害対策センター)

  菅義偉首相は7日の記者会見で、知事が緊急事態宣言の発出要請の意向を明らかにした大阪府などを対象地域に加えるかどうかについて「現時点ではそのような状況にない」と述べた。

 首相は大阪をはじめとした大都市圏で新規感染者が非常に多いとの認識を示したものの「状況を見ながら対応したい」と慎重な姿勢がにじんだ。

 京都新聞社は、首相が対応を判断する際の「状況」に都道府県知事の要請が含まれているかについて質問したが、首相は答えなかった。

 同席した政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長も「いま集中的に対策をするのは首都圏」と強調。ただ「ステージ4」(爆発的感染拡大)に近づけば宣言対象地域になり得るとし、大阪府だけでなく京都府や兵庫県など生活圏を一体とするエリアで検討すべきとの見解を示した。