マウンテンバイクでコースを駆け抜ける児童たち(京都府和束町湯船・湯船マウンテンバイクランド)

マウンテンバイクでコースを駆け抜ける児童たち(京都府和束町湯船・湯船マウンテンバイクランド)

 2021年開催の「ワールドマスターズゲームズ」競技会場となる湯船マウンテンバイクランド(京都府和束町湯船)で21日、和束小の児童がマウンテンバイクを体験。色づく自然を間近に望みながらコースを駆け抜け、競技の魅力を体感した。
 地元に愛着や誇りを持ってもらおうと開き、6年生17人が参加した。木津川市で自転車店を営む宮城義一さん(45)から指導を受け、障害物を使ってアップダウンのある路面を走行する基本技術を練習した。最初は恐る恐る挑戦していた児童も、「肘を曲げて」などとアドバイスを受け、こつをつかむと上手に乗りこなした。
 続いて、緩やかな上りが続く実際のコースを走った。児童(12)は「地面が芝だったり泥があったりして、練習と違ってバランスをとるのが難しかった」と話した。