110番を適切に利用してもらおうと、バス前方に掲げた幕(京都府亀岡市篠町・京阪京都交通)

110番を適切に利用してもらおうと、バス前方に掲げた幕(京都府亀岡市篠町・京阪京都交通)

 10日の「110番の日」に合わせて110番の適切な利用を呼び掛けようと、京都府警亀岡署が京都府亀岡市内を走行する京阪京都交通バスなどにオリジナルの幕を取り付けた。

 同署によると、2020年の110番件数は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛などが影響し、前年より約1割減少したという。だが、全体の約3割は不要不急の相談やいたずら電話だった。

 今回、京阪京都交通バスと市ふるさとバスの協力で、「110番は緊急通報」「相談は#9110」とPRする幕を1台ずつの前方に設置。6日には同市篠町の京阪京都交通で出発式があった。

 京都タクシー(余部町)が運行するタクシーの車内にもポスターを掲げている。