甘い香りを放ちながらかれんな花を咲かせた梅(8日午後1時28分、長浜市港町・慶雲館)

甘い香りを放ちながらかれんな花を咲かせた梅(8日午後1時28分、長浜市港町・慶雲館)

 湖北の新春を彩る「長浜盆梅展」の開幕を前に、内覧会が8日、滋賀県長浜市港町の慶雲館であった。紅白の梅がほんのり甘い香りを漂わせ、関係者を出迎えた。


 盆梅展は長浜観光協会の主催。住民が栽培してきた盆梅を寄贈したのを機に1952年から始まり、今年で70回の節目を迎える。市内のほ場で管理し、育てる鉢植え約300鉢のうち90鉢を開花時期に合わせて順次入れ替えて紹介する。新館では米原市在住の切り絵作家・早川鉄兵さん(38)と京都芸術大のプロジェクトチームによる演出で盆梅を展示する。


 慶雲館によると、昨年12月以降の寒暖差が大きく、開花が例年より1週間から10日ほど早いといい、「白雲」(樹齢150年)などが白い花を咲かせている。この日は、梅をテーマにした「第1回長浜お土産セレクション」の授賞式もあった。


 9日~3月10日。午前9時~午後5時。9~11日と30日~3月7日の土、日曜と祝日、2月12日は開館時間を延長し、日没から午後8時半までライトアップする。観覧料は大人800円、小中学生400円。