通い慣れた京都市上京区の民家の前に人が集まっていた。「何かあったのでは」。昨年8月、近くに住む浦慶二さん(72)の胸は騒いだ。民家には1人…