【資料写真】東尋坊(福井県)

【資料写真】東尋坊(福井県)

 滋賀県東近江市の男性(20)が福井県坂井市の東尋坊で遺体で発見され、少年ら7人が逮捕された監禁事件で、滋賀県警捜査1課は21日、男性の死因は脳挫滅と発表した。同課は、男性が生きたまま東尋坊の高さ約20メートルの崖から転落し、岩に頭を強く打ち付けたとみている。


 捜査1課によると、男性の体には、転落前にできたとみられる打撲痕なども複数あったという。
 県警は、18日に男性を東尋坊へ走る乗用車のトランクに監禁した疑いで、長浜市のとび職少年(19)ら7容疑者を19日に逮捕。男性は同日早朝、東尋坊の海で遺体で見つかった。
 県警によると、男性と容疑少年らは、今月上旬には仲間として一緒に行動しており、その後に何らかのトラブルが発生し、7容疑者が死亡に関わったとみて調べている。