老朽化で建て替えが必要な京都府立大の体育館。府はアリーナ機能を備えた新施設建設を計画している(京都市左京区)

老朽化で建て替えが必要な京都府立大の体育館。府はアリーナ機能を備えた新施設建設を計画している(京都市左京区)

 京都府立大(京都市左京区)にアリーナ機能を持った体育館を建設する計画が進んでいる。大学スポーツの公式試合や国際大会を開催できる1万人規模の収容人数を想定し、民間事業者との連携も視野に入れて整備する方針。府が2024年度の完成を目指す。

 現在の府立大体育館は1970年の建設で、約2200平方メートル。耐震強度の不足や老朽化により建て替えが急務となっており、学生の授業は現在、半分ほどの広さの第二体育館をメインに使用している。

 府の計画によると、新たな体育館は府立医科大(上京区)や京都工芸繊維大(左京区)と共同利用する。その上で、メインアリーナはバスケットコート3面分の広さを確保し、1万人程度の観客席を備える。バスケコート2面分のサブアリーナや武道場、トレーニング室を併設する。

 学生スポーツの拠点化とともに、府民にも開放し、スポーツや文化関係のイベントも観覧できる集客施設を目指す。大規模災害時の避難場所としても活用する。

 整備に当たって、民間事業者のアイデアを反映させるため官民連携手法(PPP)の導入を検討する。適用すれば最短で21年度に事業者を公募し、24年度中から利用開始する予定。事業費は未定という。

 府は、府立大体育館とともに、隣接する府立植物園や旧総合資料館跡地を含めた周辺38ヘクタールを「北山エリア」と位置付け、一体的に再整備する方針だ。集積する文化施設や自然環境を生かした「府民憩いの空間」にするとして昨年末に整備基本計画をまとめた。

 同計画を巡っては昨秋の府民意見募集で賛成の意見があった一方、費用面などを理由に反対の声も出ている。西脇隆俊知事は昨年12月の府議会で「環境保全や大学の教育などに十分配慮しながら検討する。民間のアイデアやノウハウを活用することで府民負担を極力抑え、魅力的な施設整備を行う」と意欲を示した。