京都地方気象台

京都地方気象台

 京都・彦根の両地方気象台は10日夕、3連休明けの12日午前中に京都府や滋賀県で大雪になる可能性があるとして注意を呼びかけた。日本の南海上を東進する「南岸低気圧」による雪で、京都市の市街地でも積雪する恐れがあるという。

 南岸低気圧の雪は、冬型の気圧配置と異なり府南部の方が強まる傾向がある。京都市内でも路面に積雪して、12日朝の出勤・通学時間帯に交通障害が起こる可能性がある。

 11日午後6時~12日午後6時の24時間降雪量は、次の通り(いずれも多いところ)。

 京都南部の平地 5~10センチ

 京都北部の平地 1~5センチ

 京都府の山地、滋賀県全域 10~20センチ