アパホテル西舞鶴駅前として新たに開業予定のプラザホテル舞鶴(舞鶴市引土)

アパホテル西舞鶴駅前として新たに開業予定のプラザホテル舞鶴(舞鶴市引土)

 全国でホテルを展開するアパホテル(東京都)は、「プラザホテル舞鶴」(京都府舞鶴市引土)の運営会社NVFサービス(京都市西京区)とフランチャイズ契約を結び、プラザホテルを改装して「アパホテル西舞鶴駅前」を今春、開業する。府内にアパホテルが進出するのは、京都市以外では初めて。

 同ホテルを傘下とするアパグループによると、既存ホテルの客室やフロント、ロビーなどをアパホテル仕様に改装。同社のノウハウを提供し、運営は引き続きNVFサービスが担う。府北部への夏季の観光や高浜原発関連での高い宿泊需要を期待し、平日はビジネス、休日は観光客の利用を見込む。

 府北部では近年、大手ホテルチェーンが出店して競争が激化。ブランド力を求めるNVFサービスと、地方でフランチャイズ方式の出店を進めるアパホテルの方針が一致したという。同グループは「弊社のブランド力とノウハウで新たな顧客を獲得し、地域社会の発展にも貢献したい」としている。