昭和の「歴史探偵」を自任する半藤一利さんが12日、90歳で死去した。平易な文体の読み物で幅広い読者を得たベストセラー作家は、ざっくばらんな明るい人柄で後輩に慕われた名編集者でもあった。その足跡は、活字メディアが発展し、ノンフィクションの分野が確立していく戦後の歩みと重なる。