関西電力管内の電力需給が逼迫(ひっぱく)している。寒波で暖房用の需要が増加していることに加え、曇天で太陽光発電の出力が低下するなど複数の要因が重なったためで、当面は綱渡りの状況が続くとみられる。需要が供給力を超えてバランスが崩れると