正月飾りなどを購入する人々でにぎわった「終い弘法」(昨年12月21日、京都市南区・東寺)

正月飾りなどを購入する人々でにぎわった「終い弘法」(昨年12月21日、京都市南区・東寺)

 京都府に緊急事態宣言が再発令されたことを受け、東寺(京都市南区)と北野天満宮(上京区)の年初めの縁日の中止が14日までに決まった。

 どちらも京の新年の風物詩として知られ、東寺は21日に「初弘法」を、北野天満宮は25日に「初天神」を開催する予定だった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、両縁日とも昨年は4月以降の開催を見合わせていたが、10月から順次再開していた。2月以降の開催は未定。