恥ずかしながら、丑(うし)年になって初めて、「犇」という漢字が存在することを知りました。「犇めく」で「ひしめく」と読むということで、牛三頭が集合している様を思い浮かべれば、確かに「ひしめく」であることよ、と納得します。