京都府警本部

京都府警本部

 京都府警人身安全対策課と右京署は14日、強制わいせつ致傷や公然わいせつなどの疑いで、京都市右京区の会社社長の男(49)を逮捕、追送検し、7件の被害を裏付けたと発表した。

 逮捕、追送検容疑は、2019年6月から昨年8月までの間、京都市や大阪市内の路上などで20~30代の女性の胸を触ったり、自身の下半身を露出したりするわいせつ行為を繰り返した疑い。

 右京署によると、男はバイクを使って女性を物色したり、下半身を露出したまま女子大学生を追い掛けたりしていた。「女性が驚く姿に性的興奮を感じた」などと供述し、容疑を認めているという。