京都府警本部

京都府警本部

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者への嘱託殺人事件で逮捕、起訴された医師の大久保愉一(よしかず)被告(42)=仙台市=が、共犯とされる医師を診察せずに診断書を交付した疑いがあることが15日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警捜査1課と中京署は同日、医師法違反の疑いで大久保被告を追送検する方針。


 捜査関係者によると、大久保被告は2018年10月ごろ、当時勤務医だった宮城県内の病院で、診察をせずに医師山本直樹被告(43)=東京都港区=の健康状態に問題がないという趣旨の診断書1通を作成し、メールで山本被告に交付した疑いが持たれている。


 捜査関係者の説明では、山本被告は16年に東京都内で男性機能不全のクリニックを開業していたが、別の病院で働くため、診断書を提出する必要があったという。府警は山本被告から依頼を受けた大久保被告が、診察を省いて無償で作成したとみている。


 大久保、山本被告は共謀して19年11月、京都市中京区のALS患者の女性=当時(51)=から依頼を受けて薬物を注入して殺害したほか、同年9月に海外での安楽死を希望する20代の女性難病患者の診断書を国立大学病院の医師と称して偽名で作成したとして、ともに嘱託殺人と有印公文書偽造の罪で起訴されている。