京都府内にあった最大の軍事施設は何か。
 豊臣秀吉が1597年に築き直した伏見城である。伏見山(木幡山)の頂に天守を据えた東西3・3キロ、南北2・2キロ。足利義満の室町殿や徳川将軍家の二条城をはじめ、あまたの城館が京や周辺にあった中、伏見城は隔絶して大きい。