寄付を元に新たに購入された図書(京丹後市大宮町・大宮図書室)

寄付を元に新たに購入された図書(京丹後市大宮町・大宮図書室)

 京都府京丹後市大宮町出身で、電子部品メーカー「ニチコン」(京都市中京区)元社長の故平井嘉一郎氏の妻信子さんが昨年末、図書購入費30万円を京丹後市に寄付した。市は1月から、新たに購入した絵本や児童書など201冊を大宮図書室で貸し出している。


 信子さんは2009年から毎年寄付を続け、購入した図書は本年度分を含めて3149冊(430万円)となった。お披露目の園児への読み聞かせはコロナ禍で中止になったが、同図書室の特別コーナーに並ぶ新しい本に子どもたちが目を輝かせている。