新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は16日、新型コロナウイルスに、新たに10歳未満~60代の男女30人が感染したと発表した。うち3人が感染経路が不明で13人は調査中。中等症の1人を除き全員が軽症か無症状。栗東市の事業所で研修を受けていた社員5人が感染し、県はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。この事業所ですでに4人が感染している。県内の感染者は1728人となった。


 内訳は大津市、栗東市が各7人、草津市5人、野洲市4人、東近江市2人、守山、甲賀、湖南、近江八幡各市と甲良町が1人ずつ。


 大津市は、職員や園児の感染が確認された市立保育園2カ所を17日から3日間ほど臨時休園する。すでに臨時休園中の市内の民間保育施設でも職員1人の感染が新たに確認され、休園を19日まで延長する。


 県警は新たに甲賀署の30代男性警察官1人が感染したと発表した。感染が確認された草津署員の濃厚接触者で、県警の警察官の感染は4人目。