「京都 女子駅伝・中長距離競技会」の1万メートルで優勝した田中(5)=17日、京都市右京区・たけびしスタジアム京都

「京都 女子駅伝・中長距離競技会」の1万メートルで優勝した田中(5)=17日、京都市右京区・たけびしスタジアム京都

 全国女子駅伝の代替大会「京都 女子駅伝・中長距離競技会」が17日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都で行われ、女子1万メートルは、東京五輪5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC、同志社大3年)が、31分59秒89で優勝した。

 田中はラスト1周でトップを独走していた安藤友香(ワコール)を抜いた。2度目となる1万メートルで自己ベストを大幅に更新するタイムで好走を見せた。

 4組のタイムレースで行われた女子5000メートルは信桜空(パナソニック)が16分20秒15でトップだった。

 2組のタイムレースだった女子3000メートルは細谷愛子(立命館宇治高)が9分18秒86で制した。