海上自衛隊舞鶴地方総監部

海上自衛隊舞鶴地方総監部

 防衛省海上幕僚監部は17日、舞鶴地区の海上自衛隊に勤務する20代の艦艇乗員4人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。

 4人は同じ職場で12日に感染が判明した20代隊員の接触者といい、府は「感染経路を調査中。クラスター(感染者集団)とまだ、判断する段階ではない」としている。舞鶴市によると、舞鶴地区の海上自衛隊の感染者は昨年11月からで計9人となった。