衆院議員の任期満了が10月に迫る中、解散・総選挙に向けた動きに注目が集まる。京都の各党代表者に、菅政権や政府の新型コロナウイルス対策への評価と合わせ、次期衆院選の目標や課題を聞いた。初回は自民党京都府連会長の西田昌司参院議員。