石田三成に関連したグルメや観光地を紹介したガイドブック(彦根市役所)

石田三成に関連したグルメや観光地を紹介したガイドブック(彦根市役所)

 滋賀県の長浜市、米原市、彦根市でつくるびわ湖・近江路観光圏活性化協議会は、石田三成ゆかりの観光地や各飲食店が考案した「三成めし」を紹介するガイドブック「石田三成をめぐる旅」を発行した。地図や歴史も掲載し、3市の周遊観光を促す。

 三成は長浜で生まれ育ち、米原で羽柴秀吉と出会って彦根で佐和山城主となった。3市は2014年から三成をテーマにしたNHK大河ドラマの誘致を目指し、PRに取り組んでいる。

 冊子はカラーB5判15ページ。三成が生まれたと伝わる屋敷跡に建つ石田会館(長浜市石田町)、秀吉との出会いの地とされ有名な「三献茶」の逸話が残る大原観音寺(米原市朝日)、三成像がある龍潭寺(彦根市古沢町)などを写真付きで載せた。三成の旗印をデザインしたスイーツなど三成めし30品も紹介している。

 6千部発行し、3市の観光案内所などで無料で配布している。彦根市観光企画課0749(30)6120。