雪化粧した比良山系を背景に咲き誇る菜の花(滋賀県守山市今浜町・第1なぎさ公園)

雪化粧した比良山系を背景に咲き誇る菜の花(滋賀県守山市今浜町・第1なぎさ公園)

 滋賀県守山市今浜町の第1なぎさ公園で、早咲きの菜の花「カンザキハナナ」が見頃を迎えている。黄色い花と琵琶湖対岸で雪化粧した比良山系とのコントラストが、訪れた人たちを楽しませている。

 公園を管理する市シルバー人材センターが1995年に栽培を始めた。約4000平方メートルの畑に1万2千本が植えられている。昨年10月上旬に種をまき、12月上旬まで暖かい日が続いたため例年に比べ2週間ほど早く咲き始めた。現在は八分咲きほどという。

 奈良県生駒市から毎年訪れるという女性(65)は「積雪した山並みと違って、菜の花畑は冬を忘れさせてくれる」と熱心に写真に収めていた。2月中旬ごろまで楽しめる。