新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が京都府などに発令されて初の週末となった16、17日の京都市内の人出は、昨春の緊急事態宣言前と比べ、最大5割増えていたことがソフトバンクの子会社「Agoop(アグープ)」の調査で分かった。