洛北高付属中(京都市左京区)

洛北高付属中(京都市左京区)

 京都府立洛北高付属中(京都市左京区)は20日、16日にあった2021年度入試の適性検査で「課題」という漢字の書き取り問題を出したが、教室内の掲示物に書かれているミスがあったと発表した。受験者全員に加点し、合否判定に影響はなかった。

 同中によると、試験会場の教室正面の黒板に掲示したA4判の入試時間割の中に「課題用紙の配布」と書かれていた。入試後、監督者の指摘で判明した。同中は「十分チェックができていなかった。再発防止を徹底したい」としている。