乗車券に使われる「響け!ユーフォニアム」のオリジナルイラスト(京阪電鉄提供)

乗車券に使われる「響け!ユーフォニアム」のオリジナルイラスト(京阪電鉄提供)

 京阪ホールディングスは21日、京都アニメーション(京アニ)放火殺人事件により延期していたアニメ作品とのコラボレーション企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」を11月1日から開催すると発表した。企画の売り上げ相当額を事件の被害者への義援金として寄付する。
 「響け!ユーフォニアム」は高校吹奏楽部員の青春を描いた作品。京阪宇治線など宇治市が舞台となっていて、アニメーション制作を京アニが手掛けた。
 今回の企画では1日乗り降り自由のイラスト付き乗車券を発売。京津線と石坂線を除く全線用(1300円、5千枚限定)を出町柳駅や三条駅など主要駅で、京津線、石坂線用(1400円、4千枚限定)を、びわ湖浜大津駅で販売する。
 作品で登場する宇治市内のシーンをまとめたマップの配布や、宇治線の駅へのキャラクター等身大パネル設置、スマートフォンアプリを使ったデジタルスタンプラリーも行う。
 企画は当初7月20日から予定されていたが、同18日に発生した事件により延期されていた。乗車券など企画関連商品が全て売れた場合の売上金相当額約1千万円を京都府が開設した事件の義援金口座に寄付する。