同大-立命大 立命大8回裏1死三塁、大本が勝ち越しとなる左犠飛を放つ(わかさスタジアム京都)

同大-立命大 立命大8回裏1死三塁、大本が勝ち越しとなる左犠飛を放つ(わかさスタジアム京都)

 関西学生野球は21日、わかさスタジアム京都で「同立戦」など2試合を行い、立命大が2―1で同大に逆転勝ちし、2連勝で勝ち点を3に伸ばした。

 立命大は0―1の六回、大本(4年、掛川西)の右越えソロ本塁打で追いつき、八回1死三塁から大本の左犠飛で勝ち越した。先発の右腕有村(3年、秀岳館)が1失点完投。同大は右腕溝田(4年、履正社)が6回1失点と粘ったが、三回以降追加点が奪えなかった。

 両チームは全日程を終了し、立命大は3位、同大は5位となった。勝率が首位で並ぶ近大と関大が、22日の最終戦で優勝を懸けて対戦する。