病気やけがで多額の医療費がかかった人は「医療費控除」で税金が戻る可能性がある。年間で10万円を超えた金額を所得から差し引くことができるので、その分税金が安くなる。これとは別に