新型コロナウイルスの感染予防のため、オンライン授業が大学で広く実施されるようになった。一方で「教室での対面授業に比べて内容の理解や人間関係を深めにくい」といった批判がある。コロナ禍の間、大学や高校の教員向け研修などでオンライン授業について発言してきた塩瀬隆之・京都大総合博物館准教授(システム工学)に課題や今後への意見を聞いた。