新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は23日、新型コロナウイルス感染で新たに2カ所でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。また1人が死亡し、新規感染者は10歳未満~60代の男女30人で全て無症状を含む軽症。県内での死者は26人、感染確認は計1937人となった。

 死亡したのは70代の男性で、県内の医療機関に入院中だった。クラスターが発生したのはカラオケ居酒屋「GOGO」(草津市大路1丁目)と守山市の製造業事業所。GOGOは、これまでに感染が確認されている従業員2人に加え、新たに従業員と利用者計7人、守山市の事業所は従業員5人(うち1人は京都府在住)の陽性が確認された。

 新規感染者は大津市、栗東市各8人。草津市7人、東近江市4人など。