■勝ち点3にこだわりながら過程を大事に

 -どんな戦いを見せたいか。

 「今季のJ2がどうなるかは分からない。想像してもつかめないなら、ベクトルは自分たちに向けるべき。いい意味で目の前の敗戦を恐れない。1年間かけて自分たちのサッカーをつくっていくんだという気持ちを持ち続ける中で、勝ちをつかめないと本当の力にはならない。勝ち点3に究極にこだわりながら、プロセスを大事にする」

 「うまくいかない時もあるかもしれないが、嵐が吹き荒れて雷が鳴っても、決して手を離さず、心の距離が離れないチームをつくりたい。それが、サンガの選手のプレーを見たら元気がもらえることにつながる。素晴らしいスタジアムで、面白いサッカーを体現したい。亀岡まで来て良かったと思ってくれる人が1人でも増えるように頑張る」