記者会見する加藤官房長官=25日午前、首相官邸

 記者会見する加藤官房長官=25日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は25日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京五輪の無観客での開催を選択肢に挙げたことを巡り「新型コロナウイルスの感染状況などを勘案し、安全、安心な環境の確保を最優先に検討を進めていくことが必要だ」と述べるにとどめた。同時に、開催方針に変わりはないと強調した。

 外国人観客の水際対策に関し「具体的な措置の内容は感染症の専門的意見も踏まえ、春までに決定する方針だ。検討をしっかり進めていく」と説明。一方で「政府の基本的な考え方は変わっていない」と述べ、開催への決意を強調した。