最高裁の判決を受け、会見する男子生徒の父親(25日午後2時、大津市・滋賀弁護士会館)

最高裁の判決を受け、会見する男子生徒の父親(25日午後2時、大津市・滋賀弁護士会館)

 大津市で2011年に市立中2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのは元同級生らによるいじめが原因だとし、遺族が元同級生らに損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は25日までに、二審大阪高裁判決を不服とした両親の上告を退ける決定をした。元同級生2人に対して計約400万円の支払いを命じた二審判決が確定した。最高裁決定を受け、男子生徒の父親(55)は「今回の確定判決は、いじめ加害者が負担すべき損害賠償の金額としては、これまでにない非常に厳しい評価を示した。加害者には、この判決を重く受け止め、息子に対して犯した罪と真摯に向き合い、猛省してほしい」と求めた。

 さらに、現在、いじめをしている加害者らに向け、「あなたの行為は相手を自殺に追い込む危険な行為。今すぐにやめてその友達に謝って下さい。保護者の方々は、子どものいじめをやめさせて下さい」と訴えた。そして、被害にあっている子どもたちに「いじめを我慢していると、心が壊れてしまう。すぐ親に相談して。いじめを我慢してしてまで学校に行かなくていい。逃げてください」と語りかけた。

 一、二審判決によると、男子生徒は11年9月以降、元同級生らに殴打されたり、ハチの死骸を口にのせられたりするなどのいじめ行為を受け、同10月11日、自宅マンションから飛び降り死亡した。

 一審判決は元同級生2人に計約3750万円の賠償を命じていた。