閉店を前に割引されるTシャツや菓子などの土産品(亀岡市追分町・光秀大河物産館)

閉店を前に割引されるTシャツや菓子などの土産品(亀岡市追分町・光秀大河物産館)

 京都府亀岡市追分町のサンガスタジアム京セラ内にある「麒麟(きりん)がくる 京都亀岡大河ドラマ館」併設の土産店「光秀大河物産館」が、2月1日から14日の閉店日まで感謝セールを行う。菓子や漬物などの食品や、ドラマの主人公明智光秀にちなんで地元店が考案した雑貨が、2割引きから半額で販売される。

 物産館は大河ドラマ放映に合わせ、地元土産店が期間限定で運営。亀岡の産品を中心に約1500点を取りそろえている。新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされた時期もあったが、1年間の感謝を込めてセールを企画した。

 「てきは本能寺にあり」の文字をあしらった人気のTシャツやマイバッグなどが割引となる。亀岡産の漬物や光秀のパッケージの生菓子、レトルトカレーといった食品もある。書籍など一部対象外もある。

 最終日の14日はドラマ館が無料で開放される。物産館の谷口年男代表は「コロナで大変な1年だったが、7日のドラマ最終回は盛り上がるはず。お得な商品があるので最後にぜひ来ていただきたい」と期待する。