任天堂の人気ゲームキャラクターを描いたJR西日本のラッピング列車(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供)

任天堂の人気ゲームキャラクターを描いたJR西日本のラッピング列車(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供)

 JR西日本は27日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業を前に、任天堂の人気ゲームキャラクターを描いたラッピング列車の運行を大阪市内の在来線で始めた。

 8両編成の323系車両の側面に、新エリアに登場する「スーパーマリオブラザーズ」シリーズのマリオやルイージ、クッパ、ピーチ姫といった主要キャラクターをあしらった。USJ最寄りのユニバーサルシティ駅を含む桜島線(西九条―桜島)と大阪環状線で当面運行する。

 新エリアは2月4日に開業予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で大阪府に緊急事態宣言が再発令されたことを受け、オープンが宣言解除後に延期となった。