発掘調査で見つかった古代東海道の全景。左右の溝跡の間は約16メートルあり、9人が手を広げて並んでも余裕ができている。中央にある土手は現在の農業用水路(栗東市六地蔵・高野遺跡)

発掘調査で見つかった古代東海道の全景。左右の溝跡の間は約16メートルあり、9人が手を広げて並んでも余裕ができている。中央にある土手は現在の農業用水路(栗東市六地蔵・高野遺跡)

 高野遺跡 野洲川左岸の扇状地にある縄文前期から近代にかけての複合遺跡。滋賀県栗東市高野、辻、六地蔵にまたがる。1982年の初調査以降、古墳時代前期の大規模集落跡や奈良時代の倉庫跡などが見つかっており、この一帯が古代から生活や物流の拠点となる地域であったとされている。