京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台は28日、京都府の日本海側に暴風雪警報を発表し、28日夜遅くから29日明け方まで吹雪による見通しの悪化に警戒を呼び掛けた。

 暴風雪警報が発表されたのは、舞鶴市、宮津市、京丹後市、伊根町。

 気象台によると、28日夜遅くに寒冷前線が京都府付近を通過し、その後は冬型の気圧配置となる。このため、府北部の沿岸部を中心に暴風雪に警戒が必要で、予想される最大瞬間風速は台風並みの35メートルとしている。29日明け方からは高波にも警戒が必要という。

 また、府北部では丹後半島を中心に雪が強まり、29日午後6時までの24時間に、山地35センチ、平地25センチの降雪を予想している。