【資料写真】2019年の東山花灯路

【資料写真】2019年の東山花灯路

 毎年3月に東山で開催される恒例行事「京都・東山花灯路」について、京都府や京都市、京都商工会議所、京都仏教会などでつくる京都・花灯路推進協議会は29日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止すると発表した。昨年もコロナ禍で中止していて2年連続の取りやめとなる。

 東山花灯路の開催期間は3月5~14日の10日間の予定だったが、コロナの感染拡大が止まらず、収束のめどがたたないことなどから中止を決断した。

 京都・花灯路は、観光客が少ない冬の時期に宿泊観光の利用を促そうと、東山で2002年度から、嵯峨嵐山で05年度から開催している。