クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で日本で初めての新型コロナウイルス集団感染が確認されて1年になる。京都の医師2人も災害派遣医療チーム(DMAT)のメンバーとして船内で活動し、その経験を京都での医療体制整備に生かした。現在の感染拡大状況を受け、「当時の緊張感を忘れてはいけない」と訴える。