【資料写真】陸上自衛隊桂駐屯地(2017年11月撮影)

【資料写真】陸上自衛隊桂駐屯地(2017年11月撮影)

 陸上自衛隊桂駐屯地(京都市西京区)は29日、業務中に自衛隊車両で接触事故を起こしたとして中部方面後方支援隊の男性2等陸曹(37)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

 同駐屯地によると、2等陸曹は昨年1月18日午前10時半ごろ、岡山県津山市の駐車場で、小型トラックを発車させようとした際に乗用車と接触し、運転手に頸椎(けいつい)捻挫の軽症を負わせるなどしたという。