大津市のホームページで公開される受付窓口の混雑状況を表示したページ

大津市のホームページで公開される受付窓口の混雑状況を表示したページ

 大津市は2月から、戸籍住民課などの窓口の混雑状況を、市ホームページ(HP)で公開している。何人がどれくらい待っているかがわかり、新型コロナウイルスの感染防止に役立ててもらう。


 同市では昨年春以降、マイナンバーカードの申請や受け取りなどで窓口が混雑する状況が続いている。昨年12月下旬に戸籍住民課、保険年金課、税の窓口に発券機を設置し、新館1階ロビーの大型ディスプレーで、現在の待ち人数や受付番号などを表示するシステムを導入した。2月1日から、待ち合い状況をホームページからも見られるようにする。

 住民票・戸籍・印鑑各種証明、国民年金、マイナンバーカード受け取りなど、17の受け付け内容に応じて、待ち人数と受付番号が表示される。発券されてから何分待っているのかもわかる。戸籍住民課は「自宅などからでもリアルタイムで混雑具合がわかるので、来庁時間をずらすなど活用してほしい」としている。