仮装パレードでお菓子をもらう子供たち(南丹市八木町)

仮装パレードでお菓子をもらう子供たち(南丹市八木町)

 京都府南丹市八木町の商店街でこのほど、ハロウィーン祭りがあった。子供たちが商店主にお菓子をもらいながら仮装パレードを楽しんだ。


 子育て支援などのまちづくりを手がける南丹市のNPO法人「グローアップ」が、商店街と子育て世代をつなごうと、毎年主催し、8回目。小学生や乳幼児の親子連れなど約150人が参加した。
 参加者は魔女やお姫様、スパイダーマンなどに仮装。同町の八木防災センターを出発し、「トリック・オア・トリート」と言いながら、まちのあちこちで商店主らにお菓子をねだった。
 同市の八木東小3年の平野涼子さん(9)は「この日を楽しみにしていました。お菓子をいっぱいもらえてうれしい」と笑顔だった。