大勢が見守るなか、石段下に集まった大松明(22日午後9時7分、京都市左京区)

大勢が見守るなか、石段下に集まった大松明(22日午後9時7分、京都市左京区)

 巨大な松明(たいまつ)の炎が夜空を焦がす「鞍馬の火祭」が22日夜、京都市左京区鞍馬本町一帯で行われた。山あいの静かな集落は、深夜まで熱気に包まれた。
 鞍馬の火祭は由岐神社の例祭で、平安時代の940年、御所にまつられていた由岐明神が鞍馬に遷(うつ)された時に起源をさかのぼる。いずれも台風の影響で、一昨年は規模を縮小して実施、昨年は中止となり、完全な形での祭りは3年ぶり。
 午後6時、「神事にまいらっしゃれ」の声を合図に、各家の軒先に置かれたかがり火がともされた。続いて、小さな松明を持った子どもたちが「サイレイヤ、サイリョウ」と掛け声を上げて地域を練り歩いた。その後、大人が数人がかりで担ぐ大松明や剣鉾も加わり、無数の炎が街道を行き交った。
 午後8時半すぎ、約20本の大松明が鞍馬寺山門前に並ぶと熱気は最高潮に。降りかかる火の粉を浴びながら松明を持つ男性たちが勇壮な掛け声を響かせ、約6千人(京都府警調べ)が酔いしれた。